本文へスキップ

設立趣旨 (2007年6月作成)

ベンチャー支援機構TSUNAMIは、6年間活動した任意組織であるベンチャー支援組織「TSUNAMI」を、NPOに改組し、 よりベンチャー支援を充実させようとするものであります。

今まで活動を行っていたベンチャー支援組織「TSUNAMI」は、官民共同による支援組織である≪かながわベンチャークラブ≫を母体に生まれた、民間主導によるベンチャー支援組織です。「神奈川の明日を担うベンチャー企業の発掘・支援・育成」を合言葉に、県内企業各社が大同団結、さらに大学や行政との連携・ 協調により、ここ神奈川の地から新しい時代のうねりを起こさんものと2000年8月に発足しました。

有望ベンチャー企業と優良な民間経営資源を神奈川に呼び込み、結びつける新しい流れを作り、産・官・学のコラボレーションを起こし、地域インキュベーションプラットフォームとして機能することで、神奈川経済の活性化の担い手である≪研究開発型ベンチャー企業≫を中心に、発掘・支援・育成を継続的に展開してまいりました。

具体的には、「TSUNAMI」を媒体として既存の組織・団体・企業を結びつけ、ヒト、モノ、資金、ノウハウを集積させ、各組織が連携し新たな付加価値を生み出す仕組みを提供することによって、神奈川発「日本版シリコンバレー」の構築を目指してまいりました。

6年間の代表的な活動実績としては、毎月1 回行われる「ビジネスプラン発表会」や定期的に行われる「ビジネスセミナー」「サポートカフェ」などがあります。また毎年行われる「新春交歓会」や、「TSUNAMI発足5周年記念講演会」も行われ、組織として順調に発展してまいりました。

今後 の「TSUNAMI」は、組織、関係団体、企業のみならず広く一般市民がボランティア活動として参加できるような組織にするため 、特定非営利活動法人化することが望ましいと考え、社会貢献の促進と公益の発展に寄与することを目的とした組織とすることを決意いたしました。

NPO法人ベンチャー支援機構TSUNAMIは、今までの活動の充実は当然として、新たな分野の実施も視野に入れ、総合的なベンチャー支援を目指します。

具体的には、大学と提携して、経営者を育成する目的とした「人材育成講座の企画・運営」、ベンチャー企業の支援・育成を目的とした「インキュベート機能の強化・充実」、≪よこはま高度実装技術コンソーシアム≫と提携して、神奈川のベンチャー企業、特に研究開発型を発掘・支援・育成を目的とした「産学連携関連事業」を行います。これらが加わることによって、より一段とベンチャー支援を充実させていきます。

今後も、TSUNAMIは 神奈川発「日本版シリコンバレー」を目指すことによって、様々な活動をしていく所存であります。

※ 2011年10月、団体名をベンチャー支援機構MINERVAに変更致しました。
ミネルヴァは「知恵と工芸の女神」と言われております。自然の恵みを大切にし、人類の知恵を結集し、技術革新をもって自然と科学技術の調和のとれた社会を築き上げることを目指します。また自然の恵み豊かなアジアの中で、それぞれの力を結合し、共に連合してイノベーションをエンジニアリングしていく事で豊かな未来を目指します。

バナースペース

ベンチャー支援機構MINERVA

〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-6-1 
新横浜SRビル8F

TEL 045-470-8668
FAX 045-470-8090